交通事故による被害者支援

交通事故

交通事故のことなら、広島市中区上八丁堀の今枝仁法律事務所におまかせください!

交通事故の被害に遭ってしまったら、広島市中区上八丁堀の今枝仁法律事務所が徹底サポート!納得いかない方、人身事故の後遺障害で苦しんでいる方等、交通事故の賠償請求は示談交渉によって増額する可能性があります。当事務所の専任弁護士が、保険会社の示談案が適正かどうか診断し、アドバイスいたします。まずはご相談ください。相談・着手金0円・成功報酬10%(税込)で、ご依頼者様が納得する解決を目指します!

今枝仁法律事務所が選ばれる理由

交通事故による被害者の慰謝料・示談・裁判に強い!

後遺症害特級設定・示談交渉・慰謝料増額・着手金0円・初回相談料無料

交通事故の代理人実績300件以上(2020年現在)

当事務所の交通事故については、弁護士費用特約や法テラスが利用可能(※)な他 、弁護士費用を準備するのが困難な方のために、着手金0、成功報酬10%(税込)としています。また、高次脳機能障害や脳脊髄液減少症・脳脊髄液漏出症などの実績がございます。※ご利用には一定の要件が必要です。

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼すれば「裁判所基準」の賠償額が得られる可能性があります!

交通事故には、「同じような金額を提示して早く示談を成立させたい」と被害者は担当者のペースに巻き込まれがちです。「この症状はこの期間で治療を打ち切るのが基準です」そう言われると、あまり知識がない被害者は納得してしまいますが、交通事故の損害賠償に唯一の「基準」など存在しません。自動車損害保険会社は民間の営利事業です。支払額を抑制する場合があります。それに対し、裁判所基準は、「被害者の利益を実現するため」に、自賠責保険基準・任意保険基準に比べると高額に設定されています。実際に裁判を行わなくても保険会社との交渉に弁護士が入ったときから、裁判所基準で計算されます。つまり、増額の可能性が出てきます。

裁判

損害賠償の基準

損害賠償の基準は大きく分けて3つあります。

  1. 自賠責保険基準:強制加入保険による最低限の保障です。

  2. 任意保険基準:任意加入の損害保険会社が示談交渉のときに利用する基準です。各保険会社によって異なります。

  3. 裁判所基準:裁判での判例により認められた基準です。

大きな差が出ます!

自賠責保険基準

任意保険基準

矢印

裁判所基準

交通事故の被害に合われた方、示談交渉の内容に不満のある方は是非「今枝仁法律事務所」にご相談ください。

交通事故を弁護士に頼む4つのメリット

Point1.示談金が大幅に増額する可能性がある。

Point2.交渉から書類集めまで、まとめて依頼することができる。

Point3.特に弁護士は、裁判例に詳しく、正確な算定に基づいて交渉できる。

Point4.相続が関係する死亡事故など様々なケースに対応できる。

でも、「弁護士に依頼すると費用が…」と思う方も少なくありません。そこで、自動車保険・傷害保険の契約には、弁護士費用をカバーするための「弁護士特約」がついていることがあります。

まずは、今枝仁法律事務所へご相談ください。

これまで200件以上(2018年現在)の交通事故被害者の代理人を努めてきましたが、当事務所に依頼して大きく賠償金が増えて大喜びの方が多いのはもちろん「弁護士費用分の増額もなかった」「弁護士に頼んだ甲斐がなかった」というような残念な結果になることはありません。万が一、そのような結果になった場合は、成功報酬を減額または、いただかないので、弁護士に頼んで損はさせません!そう言えるだけ賠償金を増額する自信があります! 

交通事故については弁護士費用特約や法テラスが利用可能(※)な他、弁護士費用を準備することが困難な方のために着手金ゼロ、成功報酬10%(税込)としています。※ご利用には一定の要件が必要です。

交通事故の被害に遭っただけでも辛い体験であり、楽ではない治療を続け、さらに後遺傷害が残った方には、保険会社との交渉は大きな負担になります。後遺傷害は残らないに越したことはありませんが、残った以上はきちんとした保障を得る必要があります。当事務所であれば安心してお任せいただけます。他の事務所に依頼された場合以上の成果と満足度をご期待ください。

弁護士

被害者に過失があっても、弁護士特約は利用できます。保険会社から紹介された弁護士以外でも、弁護士特約は利用できます。被害者ご本人が加入している保険に弁護士特約がついていなくても、ご家族の保険が利用できる場合があります。弁護士特約が利用できない方は、解決後の後払いもできます。